学生の時に飲み屋でアルバイトをしていて、社会に出てこれは役に立った、と思ったのでは、年配者の気持ちを察して、上手に受け答えができるようになっていたことです。

バイト経験が役立った時

学生の時に飲み屋でアルバイトをしていて

★39歳 女性

学生の時に飲み屋でアルバイトをしていて、社会に出てこれは役に立った、と思ったのでは、年配者の気持ちを察して、上手に受け答えができるようになっていたことです。

飲み屋でのアルバイトだと、おじさんたちが結構来ていて、飲みながら会社や身の回りのことの愚痴が始まり、中には怒鳴るような人もいて、最初はオーダーを聞きに行くのも怖かったのを覚えています。
でも、そのおじさんたちの愚痴を聞いたおかげで、年配者の考えがなんとなくわかるようになりました。
相手の考えが分かって来ると、どういう受け答えをすればいいのかも、なんとなくわかってくるし、先輩方からアドバイスももらって、おじさん達に上手に対応する術が身についてきました。

実際に社会に出て働き始めると、飲み屋で愚痴っていたおじさん世代が自分の上司でした。
上司はこういう気持ちで言っているんだろうな、ということがおじさんの愚痴を聞いた経験から、なんとなく察することができて、他の新人より怒られる回数が明らかに少ないです。
アルバイトでの経験が役に立ったとしみじみ思います。

Copyright (C)2017バイト経験が役立った時.All rights reserved.